脱毛は当たり前の時代に

今や脱毛を受けるということは特別なことではなく、学生でも多く当たり前の時代になってきていると言えるでしょう。そんな脱毛施術ですが、現在の主流の方法としては2種類存在します。その2種類とはエステサロンなどで行われているフラッシュ脱毛と、美容外科クリニックなどで行われている医療レーザー脱毛です。同じ脱毛ではありますが、この2種類の脱毛方法にはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを把握して受ける施術を決めましょう。

エステで脱毛するなら

エステで行われている脱毛はフラッシュ脱毛と呼ばれるものですよね。この脱毛方法は、黒い色(メラニン色素)に反応するフラッシュを専用の機器を使って照射するという方法になります。出力が低いので脱毛効果はマイルドになってしまうのですが、その分施術時の痛みは少ない傾向にあります。また、各サロンの価格競争も激しいのでかなり安価に施術を受けられるメリットもあるでしょう。ヘアサイクルに合わせて複数回施術を受けることで脱毛が完了します。

永久脱毛なら医療レーザー脱毛

クリニックで受ける事が出来る医療レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛同様にメラニン色素に反応するレーザーを照射して脱毛を行うものになります。違いはフラッシュ脱毛よりも出力が高い医療機器を使用することが出来るので、脱毛効果が高くいわゆる永久脱毛が可能となる点ですね。出力が高い分施術時の痛みは強く出やすいので、クリニックによっては希望に応じて麻酔に対応するケースもあるようですね。価格もフラッシュ脱毛よりは高くなりますが、脱毛効果は高いので通う回数は少なく済むでしょう。

永久脱毛を新宿で受けるために、コストの安い施術のコースが用意されているクリニックにおいて、専門医のカウンセリングを利用しましょう。