妊娠すると女性の身体は大きく変化する!

妊娠すると数ヶ月の間に急激にお腹が大きくなり、それに伴って妊娠線が出来てしまう事があります。妊娠線はお腹に出来る事が多いのですが、太ももにも出来てしまう場合があります。妊娠線は一度出来てしまうと出産しても消える事はありません。数年経てば薄くなっていく場合が多いですが、完全に綺麗になくなる事は殆どありません。妊娠したら妊娠線の予防をしっかりと行う事が大事です。とても簡単な方法で妊娠線を予防する事が出来ます。

妊娠線の予防は保湿!

妊娠線を予防する上で最も大事な事は保湿です。急激にお腹が大きくなるのでそれに合わせて皮膚も伸びていきます。急激に皮膚が引っ張られるので、その際に乾燥していると皮膚に亀裂が入り妊娠線が出来てしまうのです。最も効果的なのがクリームを塗る事です。できれば朝とお風呂上りの1日2回マッサージをしながら塗る事をオススメします。お腹だけではなく、太ももや胸にも塗りましょう。クリームは薬局や赤ちゃん用品売り場で購入する事が出来ます。

妊娠線の予防は体重管理も大事!

妊娠線予防クリームをただ塗っているだけではいけません。妊娠線は急に皮膚が伸びる事で起こります。そのため妊娠線予防クリームを塗る事も大事なのですが、皮膚が急激に伸びるのを防ぐ事も重要です。赤ちゃんはお腹の中で大きくなっていくので、それに伴いお腹は大きくなっていきます。ですが脂肪が増える事でも皮膚は伸びます。妊娠中は食事に気をつけ、適度な運動をする事で脂肪の蓄積を最小限に抑える事が妊娠線の予防には大事です。

妊娠してお腹が大きくなると、皮膚が急激に伸びて亀裂ができ、妊娠線となってしまいます。妊娠線のクリームを使用することで、皮膚を保湿して柔らくし、妊娠線を予防できます。